プロジェクトが可視化されることで、どのプロセス全体及び配置されたプロジェクトマネージャ・プロジェクトメンバーがどれだけのパフォーマンスをあげているかを明確化でき、人材育成体系が明確化し、人員の再配置及び人材開発の基盤とすることができます。

教育についての様々な課題例

教育プログラム

どのようにプロジェクト教育プログラム・コースを構築してよいかわからない。

生産性向上

プロジェクトマネジメント

どのような研修をすればプロジェクトの成功確率を高めることになるのかわからない。

研修効果の測定

研修効果が実務の中で見えてこない。研修が実務で役に立っているのかを測定したい。

プロセスの見える化の流れ

1
ニーズ・課題に基づくスコープの整理

 お客様のニーズや課題、対象によって可視化のアプローチが異なるためまずはスコープの整理を行い明確化します。

2
現状の分析・モデリング

 現状のビジネス・業務プロセスについて機能分解図、BPNなどスコープにあったモデルで概要図から詳細 まで可視化します。

3
将来の分析・モデリング

 将来における仮説をいくつか推奨し、お客様の合意を得たうえで将来におけるビジネス・業務プロセスをモデリングします。

4
ギャップ分析

 プロセスモデルに人員の割当を行い業務棚卸表・スキルマップなどを作成し現状・将来の社員のギャップを見極め、人材開発戦略を構築します。

5
業務改善・研修提案

 ギャップ分析に基づき最適解となるソリューションを提案いたします。無駄な研修を排除し、必要な研修によりお客様の課題解決に寄与します。

6
評価改善活動

 実際に行った研修のあと実際に改善されたかどうかを評価します。このプロセスのループにより業務改善が進みます。

お問い合わせ・資料請求はこちら

Click