1. HOME
  2. CONCEPT
  3. 教育事業CONCEPT

CONCEPT

標準に基づくソリューションを提案いたします。

教育事業CONCEPT

インストラクショナルデザイン

私たちは、インストラクショナルデザインの理論をベースに研修を開発しています。インストラクショナルデザインとは効果・効率・魅力を高めるための教育設計の理論です。インストラクショナルデザインを軸に開発することによって、学習者は、効果的・効率的に学ぶことができます。

E-ADDIEモデルによる教育設計

 E-ADDIE とは私たちの造語です。PDCAと同じように、インストラクショナルデザインにもADDIEモデルという基本モデルモデルがあります。分析(Analysis)、設計(Design)、開発(Development)、実施(Implementation)、評価(Evaluation)のプロセスを踏みながら研修を設計するというものです。私たちには、研修においては、まず最初にコンピテンシーなどによる評価(Evaluation)が必要であると考え、評価を軸にしていることを強調する意味でE-ADDIE モデルとしています。E-ADDIEによる教育の効果を明示化が私たちの研修設計のコンセプトです。

Know から Do へ

 私たちは、研修設計・コンピテンシーに基づく評価システムを提供することで、以下に示すように4段階モデルのレベル2(Know)からレベル3(Do)へと位置付けられるような実践的な研修を提供いたします。

※ アメリカの経営学者であるドナルド・カークパトリックは、教育の評価方法について4段階評価モデルを提唱しています。

    • レベル1は、受講直後などによる対象者のリアクションで測定します。アンケートによる満足度調査などを利用します。
    • レベル2は、学習のゴールに到達したかを学習到達度で測定します。研修修了後のテストなどはこちらです。例えばPMPⓇ試験など資格試験もレベル2となります。
    • レベル3は パフォーマンスゴールを設定し、そのゴールに到達したかを受講者の行動変容で測定します。例えば、研修数カ月後に行動観察などを実施したりします。
    • レベル4は、ビジネスゴールに到達したかを数値結果で測定します。ROIや売上などで分析します。

コストパフォーマンス

講座が他社と比較してお安いといわれることがあります。私たちは、インストラクショナルデザインにより効果・効率の高い研修を適正価格でご提供しております。私たちは、価格により学習する機会が失われることを少しでも回避したいと考えています。

 

CONCEPT