ビジネスアナリシスとは

 ビジネスアナリシスは、IIBA(International Institute of Business Analysis)によれば、「ニーズを定義し、ステークホルダーに価値を提供するソリューションを推奨することにより、エンタープライズにチェンジを引き起こすことを可能にする専門活動」と定義されます。

 また、PMIビジネスアナリシスガイドにおいては、「ビジネスアナリシスは、ソリューションの実現を支援するために実行される一連の活動」としています。もう少し細かく言うと以下のようなものになります。

・問題と機会を見極めること
・ニーズを特定し、合致するソリューションを推奨し、戦略的意思決定を支援する
・要求などを引き出し、分析し、特定し、伝達しマネジメントする
・価値を定義、測定、実現する

 ビジネスをする目的は、価値の獲得のためです。例えば、新製品開発などで売上を伸ばしたり、業務改善を実施することで生産性を高めたりすることで新たな価値を獲得することができます。

 その場合に、例えば業務改善と言っても、何をどのようにしたらよいのかを考える必要がでてきます。つまり、価値を最大限高める最善なソリューションが必要となるのです。事前には改善できるだろうと考えていたものの、最終的に業務改善につながらないということはよくあることです。

 例えば、経営層が作りたい製品やサービスと実際にできる製品やサービスが異なることはよくあります。ビジネスアナリシスによって、経営層のニーズを引き出し、新しい製品やサービスなどを通じて企業の価値の最大化のためにベストなソリューションへと落とし込みます。

 つまり、ビジネスアナリシスによりビジネス目標を把握、業務、ステークホルダーのニーズなどを分析し、最適なソリューションを十分に検討した後で、企業にとって価値をもたらす改善を効率的・効果的に実施することが可能です。

 なお、アメリカにおいては、ビジネスアナリシスを実施するビジネスアナリストは専門職としての地位を築いていますが、日本においては、プロジェクトマネージャーがビジネスアナリシス業務を実施している場合が多いようです。

 なお、Linkedin の調査によると2020年に需要のあるハードスキルとしてビジネスアナリシスが6位になっているように注目されています。

ビジネスアナリストとは

 ビジネスアナリストとは、ビジネスアナリシス実施する人であり、肩書きや組織は問われません。先に述べたとおり、欧米ではビジネスアナリストという職業が定着していますが、日本においてはプロジェクトマネージャーが担当している場合も多く、ビジネスアナリシスという言葉を知らなかった方でも業務についてはご自身もしくは周りにこれら業務を遂行されている方はいらっしゃると思います。

 今後デジタルトランスフォーメーションも含め、様々なステークホルダーをつなぎながら最適解をもたらすための手法であるビジネスアナリシス及びビジネスアナリストの重要性は増してくると予想されます。

ビジネスアナリシスの標準

 ビジネスアナリシスについて学び・辞書的に参照する標準として、BABOK®及びPMI®ビジネスアナリシス・ガイドがあります。ビジネスアナリシスの標準として一番利用されているのはBABOK®ですが、プロジェクトマネジメントとの整合性からPMI®ビジネスアナリシス・ガイドの方が使いやすい方もいらっしゃいます。

BABOK®とは

 BABOK®は、ビジネスアナリシスのやり方をまとめた標準であってビジネスアナリシスへのアプローチの方法を説明しています。カナダを本部とするビジネスアナリシスのための独立非営利団体であるIIBA®(International Institute of Business Analysis)が発行しています。

PMI®ビジネスアナリシス・ガイド

 「PMI ビジネスアナリシス‧ガイド」もビジネスアナリシスのやり方をまとめた標準です。
ビジネスアナリシスのコンテキスト、環境、影響について考察します。
各プロセスを実⾏するためのインプットとアウトプットと技法について説明し、ビジネスアナリストが主要なステークホルダーやチームと協業する機会を明らかにしています。Project Management Instituteが発行しています。

ビジネスプロセス

 ビジネス・プロセス・マネジメントは、ビジネスや組織をプロセス中心の見方で組織を捉えるマネジメント分野であり、ビジネスアナリシスの専門分野のうちの一つです。


 ビジネスアナリシスにより企業戦略にあわせて、既存のビジネスのプロセスを可視化、測定、分析することで問題点を洗い出し、新しいビジネスプロセスや既存のプロセスのまま効率を高めるためのソリューションを推奨することが可能です。

 なお、可視化することにより、事業のKGI(Key Goal Indicator/経営目標達成指標)のもとで、各プロセスにKPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)並びに行動目標などを設定することが可能となり、部署・個人などの業績を見えるかすることが可能となります。

ビジネスアナリシス・ビジネスプロセス コンサルティング

既存のビジネスプロセスを可視化、測定、分析することで現状の問題点を洗い出し、お客様のビジネスニーズ、ステークホルダーニーズをもとに、新しいビジネスプロセス、既存のプロセスの改善を提案し、KGI・KPI・行動指針を明確にし、 人の配置・育成をお客様とともに考えてまいります。

 弊社は、日本に数少ないビジネスアナリシス専門家資格であるCBAP®を取得しているコンサルタントが複数在籍しているビジネスアナリシスの専門チームです。